PR

お風呂のリフォームは10万でできる!相場より安くするコツ!

記事内に広告が含まれています。

お風呂リフォームって高いよね~

お風呂のリフォームは高額なイメージを持っている方が多いと思いますが

部分的な交換であれば格安でお風呂のリフォームをすることも可能です。

お風呂リフォームが10万でもできるよ!

全体的なリフォームになると60万円~120万円が相場です。

10万円~30万円でも快適なリフォームをすることが可能です。

「床・浴室壁・浴槽・天井」など

部分的だけでも雰囲気がガラッと変わります!

気になったら早めにあなたのご予算に合わせて必要な個所をリフォームして、

幸せなお風呂タイムを実現しましょう!

TOTO:システムバスルーム サザナ

お風呂のリフォーム 10万~30万円でできる。

古いお風呂を少しの予算で綺麗にできたらな~

必要な個所だけをリフォームすると費用を抑えてすることができます。

10万円でお風呂が少しでも綺麗になると

嬉しいですよね!

部分的なリフォームの例は以下の通りです。

・介護のために手すりをつけたい

浴槽だけを取り替えたい

にひびが入っているから変えたい

給湯器を交換したい


部分的にするなら格安ですることができます!

それでは予算別にどのようなリフォームができるのか見てみましょう。

お風呂のリフォーム 10万円程度

10万円前後でできるお風呂のリフォームは下記のような工事があげられます。

リフォーム内容費用相場
手すり(設置)2万円~3万円
窓ガラス・鏡(交換)5万円~15万円
浴室塗装8万円~12万円
床のタイル・シート張り変え7万円~10万円
浴槽交換(据え置きタイプ)10万円~12万円

気になっている箇所を部分的にリフォームするだけでも外観が綺麗になります。

浴室の塗装をする、床シートを張り替えるなどだけでも外観がとても綺麗になります。

また、機能性も高くなり浴室の雰囲気がガラっと変わります。

いいね!ガラッと変えたいな

必要な個所が数か所ある場合は費用が高くなる場合があるので注意が必要です。

あちこち補修したら高くなっちゃうのね

お風呂は毎日使う場所なので、将来的に他の箇所も老朽化してきたり故障するということも
予想して費用面も考えておくことが大切です。

お風呂のリフォーム 20万円程度

20万円前後でできるお風呂のリフォームは下記のような工事があげられます。

リフォーム内容費用相場
給湯器 (交換・設置)10万円〜20万円
浴室乾燥機「電気式」 (設置)15万円〜25万円
床・壁のシート・タイル(張り替え)18万円〜25万円
浴室 (塗装)18万円〜22万円
壁前面のパネル (張り替え)18万円〜25万円

浴室内の塗装をすると浴室全体がぱっと明るくなり
気持ちいいです!

暗いお風呂が明るくなるっていいね~

を綺麗に塗装すると浴室全体が明るく清潔な印象になります。

さらに、乾燥機の設置をすると快適な生活が期待できるでしょう。

お風呂のリフォーム 30万円程度

toto

30万円程度でできるお風呂リフォームの内容です。

リフォーム内容相場費用
浴槽の交換(埋め込み型)30万円~35万円
内窓設置・二重サッシ設置15万円~30万円
給湯器(高性能タイプ)交換20万円~30万円
シートやパネル(床・壁・天井)張り替え25万円~40万円
浴室乾燥暖房機 (設置)20万円~25万円

30万円程度の予算があれば、浴室の主要な個所のリフォームができて清潔感あふれる印象になるでしょう。

浴槽だけの交換や床や壁などの交換だけでもずいぶんと快適な浴室になります。

気になっている数か所だけをリフォームすると予算を抑えることができるということもあります。

将来的に見てしばらくすると老朽化や故障の可能性があるのならば、業者にリフォームプランだしてもらい見積もりをとることをおすすめします。

そうすることで相場よりも安くリフォームすることができます。

まるごとリフォームしたら安くなるの?

まずはリフォーム業者から見積もりをとってみませんか?

無料でオンライン3分でできます。

(無料)で見積もりがとれる

どこで業者を探せばいいの?

ここからサクっとできます

お風呂のリフォーム 費用を抑える4つのポイント

気になっている箇所だけのリフォームや全体的なリフォームのどちらでもポイントを踏まえていれば費用を抑えて格安ですることが可能です。

4つの簡単な方法をご紹介します。

①どのようなリフォームをしたいか明確にする

お風呂を綺麗にしたいな、新しくしたいな、など漠然とした思いでリフォームを行うとリフォーム後に「もっとこうしたらよかった!」など後悔することになりかねません。

・介護が必要になってくるから手すりをつけたい
・床が冷たいから暖かくしたい
・壁が古くなって汚れているから新しくしたい

上記のように具体的な目的を明確にしておくことが費用を抑えるポイントとなります。

カタログなどを見ていると目的以外な箇所にも目がいってしまい、費用が高くなってしまうことがあります。

格安でしたい、費用を抑えたいというのが第一条件の場合は必要な個所だけをリフォームするようにしましょう。

あれこれ追加しないように!
高くなっちゃうからね!

②故障や異変を感じたら早めに相談

水漏れしている、床に亀裂がある、浴槽にひびが入っているなど浴室に異変を感じたらリフォームを早めに検討することをおすすめします。

早めにすることで「シロアリ被害」を防いだり、水道代や電気代を抑えることにつながります。

また、急に機能しなくなったり最悪の場合は危険な事態にもなりかねません。

放置すると大工事になってしまい費用もかなり高くなってしまいます。

放置すると費用が高くなるんです!

見積もりを取ってみる(無料)

はやめに業者に相談した方が絶対いいよ!

③複数の業者から見積もりを取る

予算を抑えて納得のいくリフォームを叶えるためには優良な業者を選ぶことが大切です。

近年は「悪徳業者に騙されたり、ぼったくりされたり」被害にあった方も多くなってきているようです。

お風呂のリフォームをする際にぜひ参考にしてあなたにあった業者選びを成功させてください。

悪徳業者って親切そうにしてるからね!

だまされないように。

お風呂のリフォームをする際には数社から見積もりを取って比較検討することが大事です。

見積もりだけではなくリフォームプランニングやアイデアをもらえるので漠然としたリフォームが明確になり、費用を抑えるポイントもわかりやすくなります。

費用相場よりも安くしたいと考えているなら複数の見積もりを取れる「一括見積もりサイト」がおすすめです。

部分的なリフォームでも見積もりできます。

パソコンやスマホから申し込めるから

簡単だよ。

一括見積もりサイト??

よく知らないって方は読んでみてください。

④補助金を活用

国や各地方自治体、介護保険こどもエコすまい支援事業による補助金制度を活用しましょう。

補助金だけではなく次世代住宅ポイント制度やリフォーム減税制度も調べて賢く利用することをおすすめします。

介護のために手すりを取り付ける、段差を無くすまたは子供支援として断熱に特化したリフォームなど
リフォーム制度が適用できる場合もあります。


国や地方自治体のホームページをチェックしてリフォーム内容と同等に目を通しておくとよいでしょう。

まとめ お風呂リフォームを安くするには

手すりや内窓の設置、ドアの交換といったちょっとしたお風呂のリフォームなら、10万円〜可能です。

ただ、お風呂全体をリフォームしたり水回りをまとめて交換してしまった方が

トータル費用をおさえて今後の出費もおさえることができます。

どんなリフォームをしたいのか、まずはしっかりと話し合った上でリフォーム計画を進めていきましょう。

また、リフォームは費用を抑えることばかりを優先しすぎると、結果的に満足感を得られず後悔してしまうケースもあります。

一度のリフォームで浴室環境が長い期間心地よいものになることが理想です。

業者に詳しく相談して見積もりを依頼する失敗がないリフォームを叶えることができます。

予算が少いなど

先に伝えておくといいよ!

まるごとリフォームも検討して
見積もりとってもみることもおすすめします。

(無料)見積もりが取れる

格安でリフォームできたら嬉しいよね!
お風呂がめちゃ綺麗になるって

サイコーじゃん!

格安でする方法がわかります

【PR】タウンライフリフォーム

タイトルとURLをコピーしました