PR

お風呂の窓はいらない?メリットとデメリット!費用相場も解説!

記事内に広告が含まれています。

お風呂に窓って必要なの?

住宅雑誌などを見ていると浴室に
窓がついてたり、ついてなかったりしているのを見かけると思います。


お風呂のリフォームを考えたときに、窓はつけるべきなのかどうか気になりますよね。

ボクは窓をつけたいな!

お風呂に窓をつけるメリットデメリット

また、お風呂のリフォームの費用相場や格安でおこなうコツなども解説します。

読むとあなたなら

窓をどうするかわかりますよ。

リクシル スパージュプラン 「fix窓」

お風呂の窓はいらない?

お風呂の窓は、窓を開けることで風通しをよくして清潔に保つといったことが一番の役割と考えられていました。

お風呂に窓があるのは

当たり前だと思っていませんでしたか?


今はユニットバスの機能性がめざましく発展しており換気設備もとても優れています。

窓=換気といった役割だけではなくなってきているようです。

浴室に窓があれば開放感があり、浴室が広く見えるといった効果もありますが
水垢がつくので掃除が大変、洗面所に鏡を設置しているので特に必要性を感じないと感じている方も増えてきています。

お風呂の窓については色んな意見が出てきているようです。
そこで、メリットやデメリットを調べてみました。

お風呂の窓って

いるの?

いらないの?

お風呂の窓のメリット・デメリット

お風呂に窓があるメリットはどのようなことがあげられるでしょうか。

お風呂の窓 メリット

お風呂は一日を疲れをとりリラックスできる場所というイメージですが、最近では浴室が様々な用途の場所となってきているようです。

窓をつけるメリットも変化してきていると見受けられます。

では、どのようなメリットがあるのかみていきましょう。

・換気ができる

浴室内にはほとんど換気扇を設置していると思いますが、窓を開けるだけで換気をすることができます。

換気扇を使用しないで換気ができるので電気代の節約になります。

毎日使用する場所なのでカビの発生をさせないためには換気はとても重要となります。

最近は浴室乾燥機もありますよね。

・開放感があり癒し効果への期待

窓を開けると開放感があり、窓を閉めていても浴室の広さを感じられてリラックスしてお風呂を楽しめます。

一日の疲れを取るための入浴だけではなく、家族とのスキンシップや水遊びの場になったり
ダイエットやトレーニングをおこなうといった方も増えてきました。

窓があると自然光が浴室内にあふれてとても気持ちよくゆったりと過ごすことができます。

自然光が感じられる。
窓がある一番のメリットですね!

デメリットは何があるんだろ?

お風呂の窓 デメリット

デメリットはどのようなことがあるのでしょうか。

・防犯対策やプライバシー問題

窓を開け放していると、そこから侵入されるリスクがあります。

浴室の外が人通りがある場所に隣接しているとプライバシーの問題も生じてきます。

安全な防犯対策がなされている窓を選ぶことが安心につながります。

外からも見えるってこと忘れてた!

・掃除が大変

窓があることで結露がつき、カビが発生するきっかけになり小まめな掃除が必要です。

窓を開けることでほこりや虫などが浸入する場合も多くなります。

カビやほこり、虫などを浴室内から排除しなければならないといったこともデメリットとなります。

掃除が大変なのはストレスになるわ。

お風呂の窓の種類

お風呂の窓にはいろいろな種類があるので、メリットを多く感じられる窓を選ぶことが重要です。

様々なタイプの窓がありますのでみていきましょう。

リクシル リデア  「fix窓」
窓の種類  窓の仕様特徴
引き違い窓  2枚の窓をそれぞれ2つのレールのうをスライドさせて開閉するタイプの窓
一般的に使用されることが多い。
安価に設置できる一方、断熱性や防犯性に劣る性質がある。
縦すべり窓縦すべり窓は、玄関のように上下のレールをスライドさせ、外側に開閉するタイプの窓。風通しが良いのが大きな特徴。窓がぴったりと隙間なく閉じるため気密性が高い。
横すべり窓左右のレールをスライドさせ、外側に開閉するタイプの窓。気密性が高い。上に開くため窓が吹き込みにくいので雨の日でも開けることが可能。
内倒し窓内側に広く窓で丈夫が開く。開く幅が狭いために防犯に優れてる。
上げ下げ窓2枚の窓が上下に開閉する。気密性に優れ防犯性も高いのでプライバシー重視する人には向いている。掃除が困難。
出窓壁から外へ飛び出した造りになっている窓。窓の前にスペースができるので広く見える。スペースの部分に色んなものを置ける。
fix窓直接はめ込まれた開閉できない窓。明るさや開放感が得られる。以前は浴室に不向きと言われていた。最近はよく設置されている。

お風呂の窓って

こんなにたくさんあるんだ!

最近はユニットバスへリフォームするのが一般的です。

各メーカーが機能性やデザイン研究がすすめられており様々なユニットバスが展開されています。

toto サザナ 「引き違い窓」

お風呂の窓は通気性や換気、明るさなどの目的で設置されている場合が多くありましたが

近年のお風呂の換気設備がとても優れているので用途も変化しているようです。

明るさや開放感やデザインといったインテリア思考となっていると考えられます。

お風呂の窓リフォームの費用相場

お風呂の全体的なリフォームの相場費用は60万~150万円で実施できた例が圧倒的に多く見られます。

浴室の窓のリフォームの場合の費用相場を見てみていきましょう。

お風呂の窓リフォームの相場

窓のリフォーム費用相場 目安
窓のサイズを変更9万~25万円位
サッシの交換3万円~25万円
ガラスの交換2万円~20万円位
目隠し用ルーの設置6万から8万円
内窓の設置5万円~30万円位

お風呂の全体的なリフォームをする場合と比較すると窓の費用はあまりかかりません。

他の箇所もリフォームしたり、短期間で別の箇所の交換をするなどの場合は

全体的なリフォームをする方が安くできることもあります。

窓のリフォームを考えているなら、リフォーム業者に相談してみることをおすすめします。

お風呂の窓リフォームはプロに相談

タカラスタンダード

これから長く住み続ける家のお風呂、どのようにリフォームをしたら一番いいのかを見極めることが大切です。

失敗のないリフォームをするためには優良なリフォーム業者を選ぶことから始めましょう。

お風呂のリフォームはここから始める

リフォーム会社はとてもたくさんあり、リフォーム経験のない方は知識もなく

どこの会社を選んでいいかわかりませんよね?

悪徳業者も多く存在していて相場より高い値段だったり、希望どおりにならなかったなど

騙されてしまった方も少なくありません。

リフォーム詐欺!

騙されたら大損だよ~

騙されないためには、「リフォーム一括見積もりサイト」を利用して複数の業者から見積もりやリフォームプランを比較検討することが大切です。

リフォーム未経験の方にはおすすめのサイトです。

詳しくはこちらの記事を見てください。
お風呂のリフォームを検討されているならとてもためになる内容です。

まとめ

お風呂に窓をつけるメリットやデメリット、また費用相場などをご紹介してきました。

「窓=換気」の目的だけではなく、お風呂の換気設備がとても優れていることなどから

お風呂の窓への意識が変化してきていると感じられます。

理想の浴室へとリフォームしてゆったりとリラックスできるお風呂にしたいですね!

あなたのお風呂には窓は必要だったでしょうか?

よくわからなかったらプロに聞いた方が失敗しないよ!

タイトルとURLをコピーしました