PR

ユニットバスとはホテルのお風呂?定義やメリットとデメリット!リフォームにはおすすめ。

ユニットバスどんな?
記事内に広告が含まれています。

「ユニットバス」って実はどんなお風呂かよくわからない・・・

ユニットバスってホテルにあるトイレと洗面が一緒の浴室じゃないの?

ユニットバスって不便じゃない?

同じ場所にお風呂とトイレって

使いづらそう!と思われてる方も多いと思います。

ホテルにある浴室もユニットバスと言いますが、実はユニットバスは3種類あるんです。

では、ユニットバスにはどのような種類があるのでしょうか?

お風呂のリフォームにはユニットバスがおすすめなわけやメリットやデメリットを解説していきます。

リクシル リデア

ユニットバスとはどんなお風呂?

ホテルにあるお風呂と洗面が一体化した浴室の他にどんなユニットバスがあるのでしょうか?

それでは、ユニットバスとはどんなお風呂なのか見ていきましょう。

■ユニットバス

あらかじめ浴室の壁・床・天井・浴槽といったパーツがセットで作られている
それらを施工現場で組み立てる浴室
壁・床・浴槽・天井が一体化した浴室となります。

お風呂のリフォームを検討されてる場合、昔ながらのタイルの浴室からユニットバスへのリフォームがおすすめです。

ユニットバスと聞くと、システムバスとはどう違うの?と思われてる方もいるのではないでしょうか。

ユニットバスとシステムバスはほとんど同じものとして扱われています。

浴槽のサイズやオプションなどを選ぶことができのでシステムバスとも呼ばれています。

ユニットバスの種類 3タイプ

ユニットバスには、「1点ユニットバス」「2点ユニットバス」「3点ユニットバス」の3種類があります。
それぞれの特徴を見ていきましょう。

1点ユニットバス

TOTO:システムバスルーム サザナ

お風呂のリフォームを検討している場合は、一番におすすめなお風呂のタイプとなります。

近年は1点ユニットバスが主流になっていて、一般的な家庭のお風呂と言えばこのタイプで室内には、浴槽と洗い場がありシャワーが設置してあります。

お風呂のリフォームは1点ユニットバスが主流です。

このお風呂にリフォームならいいね!
勘違いしやすいよね!

様々なタイプがあり、安価なものから高級感のあるものまで色んなお風呂が展開されています。

また掃除がしやすいのも大きなメリットといえます。

3点ユニットバス

ひとつの部屋に浴室、洗面台、トイレが治まっているタイプを言います。

これこれ!ユニットバスってこのお風呂だと思ってる人多いよね!

一般的にユニットバスと言うとこのタイプを思い浮かべる人が多いと思います。

単身用のマンションやアパート、ビジネスホテルなどに設置されています。

2点ユニットバス

浴槽と洗い場の間に洗面台が設置されているタイプを言います。

壁・天井・床・浴槽が一体化している空間に、洗面台も収まっています。

築年数の古いマンションやアパートなどで、独立した洗面台がない住宅に設置してあります。

ユニットバスのメリットとデメリット

ユニットバスは最近のバスルームの一般的な仕様としてこれからお風呂のリフォームをするなら
1点ユニットバスが多く用いられているようです。


多くの新築住宅にも採用されており、各メーカーが新技術や使いやすさなどの開発を進めています。

また、使いやすさだけではなく個人の趣向に合った多種多様なお風呂が展開されており
今後も目覚ましい発展が期待されています。

それでは、次はユニットバスのメリットデメリットを確認してみましょう。

ユニットバスのメリット

■施工が早く終わる

あらかじめ作られているパーツを組み立てるだけなので工期が短くすむケースが多いです。

最短では1日で済む場合もありますが、3~5日で完了するケースが一般的です。

お風呂は毎日使うのでお風呂に入れない日数は短い方がストレスがなくいいです。

お風呂に入れない日が短いのはいいですね!

■掃除が楽

ユニットバスの壁はタイルと違って表面が一枚のパネルになっていて、ツルツルした素材のものが多いです。

そのためカビやサビの発生が少なく汚れも付きにくいため、掃除がしやすいといった特徴があります。

また、水はけのよい床材を利用することで浴室内に湿気がこもらないように工夫されています。

毎日の掃除は少しでも楽なほうが気持ちに余裕ができて苦にならなくなります。

掃除が楽なのは最高ですね!

■断熱性

ユニットバスは部屋の中に浴室が作られて二重構造となる場合が多く、断熱性にすぐれています。

気密性があり、浴室内の温度が外に出ずらくなっていて保温機能が優れています。

■バリアフリーに適している

お風呂をリフォームしようとする理由として介護が必要になってきたからバリアフリーにしたいと考えている方も多くなっています。

足元の段差を解消して、浴槽を低めに設置して転倒のリスクが軽減するように施されています。

また、小さい子供にも危険が少ないような設計にもされていて家族全員が使いやすいお風呂になっています。

介護をサポートする側の負担も少なくなるように様々な工夫がされており、今後もより使いやすように研究が進められています。

子供やおばあちゃんの安全は一番に考えたい!

■水漏れしにくい

ユニットバスは浴室全体が一体化して継ぎ目がないために水漏れのリスクが低くなります。

浴室が水漏れしてしまったら、集合住宅であれば近隣の住宅にまで大きな被害がでることがあります。

ユニットバスは防水性が高く水漏れの心配が低いことから現在はほとんどがユニットバスを設置されています。

ユニットバスのデメリット

■規格サイズが合わない場合がある

基本的にユニットバスは規格サイズが決まっています。

自宅の浴室のスペースにぴったりと治まるサイズがないこともあります。

規格サイズが合わない場合はユニットバスをオーダーできるものを検討しましょう。
オーダーする場合は費用が高くなります。

■後付け設備ができないこともある

ユニットバスを設置したあとに、オプションを追加すると解体が必要になって大がかりな工事になる場合があります。

または、後付けができないこともあります。

将来的に家族が増える、介護が必要になるなどを想定してオプションの有無を検討しましょう。

ユニットバスへリフォームは専門業者に相談しよう

ユニットバスが「お風呂とトイレが一緒」のものだけと勘違いされていた方の誤解はとけたのではないでしょうか。

これからお風呂のリフォームをするならユニットバスが費用も抑えられてとても使いやすくさまざまなメリットがあります。

近年主流になっているユニットバスは新製品の開発や使いやすさの追求や個々の趣向に合わせた
様々なタイプの物がありますので、

専門業者と相談しながら決めていくといいでしょう。

あなたの家にはどんなユニットバスが最適か
業者が教えてくれます。

いい業者を選んでおくことが重要だよ!

タイトルとURLをコピーしました